調布でペットを飼いやすくしたい。ペットヴィレッジ調布の藤野さんに聞く、ペットを飼う喜びと課題

調布でペットを飼いやすくしたい。ペットヴィレッジ調布の藤野さんに聞く、ペットを飼う喜びと課題


Posted on 2015-6-12



今回は、西調布にある動物病院「ペットヴィレッジ調布」の藤野さんに お話を伺いました。ペットが喜ぶフードやグッズの用意も豊富にある「ペットのトータルサポート」をする場所です。
愛するペットと出来るだけ長くいお付き合いをしてほしいという思いや、多店舗展開される社長として、経営視点でのお話もお聞きすることができました。

ー早速ですがこのお店はオープンしてどのくらいになりますか。

 

 「ペットヴィレッジ調布」の藤野さん


藤野さん:元々このお店は、多摩川の方に日曜大工センターっていうホームセンターに入ってたんですよ。5年程前に、西調布にきました。

ーそうなんですね。ここで受けられるサービスについて教えてくださいますか。
 
藤野さん:はい。「ペットと飼い主様の幸せな生活のトータルサポート」というのがコンセプトになっています。日用品のドッグフードとか、トイレのシーツなどを購入できるということの他にも、月に一回シャンプーやカットが出来るのと、あとは旅行の際などのお泊まり(こちらでお預かりする)とか。それと動物病院。その4つが柱になります。
「グッズの販売」と「トリミングサービス」と「ペットホテル」と「動物病院」ですね。
 
ーそのトータルサポートがこの場所でできるんですね。
 
藤野さん:そこまでできて、「トータルサポート」です。
 
ーなるほど。やっぱりご近所さんのご利用が多いですか?
 
藤野さん:そうですね。ここは駐車場が結構広いので、府中とか三鷹とか狛江からも来ますけど、基本的には調布の近隣の方が多いですね。
 
ー地域に根ざしていますね。ペットヴィレッジさんは、他にも色々な場所にあるとのことですね。

藤野さん:
そうですね。特徴としては僕は"多摩地区"という規模で展開しています。例えば三鷹の方でも、病院を探している方が来れる距離感です。
 

ペットビレッジ動物病院 調布多摩川本院は、西調布駅最寄りの「キッチンコート」が入る敷地内にあります。


ー藤野さん自身は医師としての立場でもいらっしゃるんですか?
藤野さん:私としては、社長っていう立場だけでいきたいというのが本音なのですが(笑)
医師ですので診察もしてますよ。

 

院内

 
病院の選び方
 
ー僕は以前買っていた犬がヘルニアになってしまって。具合悪そうにしていたのですが、どこの病院に連れていけばいいのか分からなくて迷いました...。良い病院って、どのように調べればいいのでしょうか。

藤野さん:例えばヘルニアであれば、今は町医者ヘルニアの手術をできる先生もいます。しかし、例えばそこから大学病院紹介してもらうなど、処置が出来ないで終わってしまう所もあることは事実です。それは良し悪しではなく、要は病院によって向き不向きがあると言う事です。それはもう病院に行って話してみないとわからない。因みにうちはできますよ!
 
ーここはどういった症状まで受入れているんですか?

藤野さん:少し伝え方が難しいですが、難しい手術も対応しています。避妊去勢からヘルニアもね。大学病院レベルまでは行かなくても"町医者+α"できるってイメージでしょうか。2次診療っていうのが大学病院とかの診療だとしたら、町医者が1次診療にあたります。ここでは1.5次診療までは可能。大学に回さなくてもある程度は出来るように用意はしてます。もちろん出来ない手術はありますが。
 
ーペットの異変に対してしっかりとした診断をくだせる先生が重要だと思います。例えば藤野さんが町医者としてここにいてくれるのは、近隣の方に取っては心強い事だと思います。
 
藤野さん:そう思っていただいているといいですね。


 
ペットを飼うことの喜びと責任

ー動物保護の活動をされていらっしゃると伺いました。実際にどのような活動をなされているのですか?
 
藤野さん:ペット関連の仕事をしてる方達で殺処分を減らそうというグループに所属しています。「シンデレラプロジェクト」っていう団体です。保健所に捨てられた子(犬や猫など)などが保護されます。それで保護されてから基本的に一週間程度で飼い主が見つからなかったら殺処分されてしまうんです。

ーそれだけしか期間がないんですか!?

藤野さん:そういう子の保護をして、新しい飼い主さんを見つけるという取り組みです。一般の方が保護をしてることが結構あるのですが、そうではなくて、ペットの仕事に就いてる人が運営するっていうのがこの団体の特徴です。ボランティアさんだけだと途中で行き詰まる事が多いのも事実です。その問題を打破するために、この団体で行うのは有償の保護なんですね。最終的には啓蒙活動とか里親の募集の活動とかでやっていきたいという取り組みです。僕は相談を受ける役として参加しています。


ーその殺処分対策自体を見直す事っていうのは難しいのでしょうか。
 
藤野さん:まず殺処分事体は多分無くならないと思っています。例えばアメリカって、保護とか犬とかの扱いが進んでいると言われてます。「ペットショップ」そのものが無く、代わりにブリーダーから買うというシステムとなっています。だから進んでいると言われるのですが、何が言いたいのかというと、要は「殺処分を減らす」という、その場しのぎの対応をするよりは、「売り方を変える」という、"仕組みそのものを変える"事に取り組まないと、いつまでたってもこのままだという事です。
日本の場合、例えば収入が少ない人にも販売しちゃう。でも結局無理が生じてそこら辺に捨ててしまうんです。そういう状況があっても、簡単に販売をする事自体は止められないんです。
だからちゃんと保護をしてくれる人を探す為に「シンデレラプロジェクト」に参加してるんです。

 

シンデレラプロジェクトのホームページ


ーそもそもペットを捨ててしまう理由って、どういう事が多いんですか?
 
藤野さん:うーん...もちろん人それぞれだけど、どうしても面倒が見れなくなってしまうというケースが一般論です。例えば高齢の方で、自分が老人ホームに入るとしたら犬はどうするとかね。
でも一方「理想と違う」ということで捨ててしまうケースも多い。お金もかかるしそれなりに苦労もあるから。

ー最後まで面倒みる責任感を持てるようになるといいですね。
 
藤野さん:そうだね。確かにそうなんだけど、育てる大変さを知る機会がない、という事に原因があるようにも思います。特に若い子はその辺考えるのは難しいことだよね。鳴いてて可愛そうだからって言って家に持って帰るけど飼えない。だから警察に渡しちゃって、その後は保健所行きなんです...。

ペットを飼うことの責任感を高めて欲しいと思うのも、ペットを飼う喜びを伝えたいからこそ、と藤野さん。  


ー今回はありがとうございました。最後に、藤野さんは調布でペットを飼うにあたって、今後どういう環境になったら良いという理想はありますか?

藤野さん:僕は「ペットが飼いやすい」地域にしたいと思ってます。でも調布はまだまだペットに関する活動があまり積極的ではないと感じています。ペットを飼う側の情報共有は出来るけど、ペットを飼う魅力を、どうまだ飼っていない人にお伝えするかという所を考えてます。情報を発信する為に、調布FMでラジオ番組を持っています。
他にもペットに関する色んな情報をまとめてくれる方がいらっしゃれば心強いですね。
 
ー今回のお話を通じて、この場所みたいに、近隣の方に対して親身になってくれる場所の存在の大きさを感じました。どうもありがとうございました!


(記事 : 田邊 真 / 写真 : 薩川 良弥)

---------

ペットビレッジ動物病院




Copyright@ patchwork chofu